All-on-4 and All-on-6—札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

All-on-4 and All-on-6-札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

011-661-1678

診療時間 9:30~13:00/14:00~19:30
※土曜午前 9:00~13:00 ※休診日 土曜午後・日曜・祝日
※新患・急患受付可能 ※ご予約の方優先

011-661-1678

診療時間 9:30~13:00/14:00~19:30
※土曜午前 9:00~13:00 ※休診日 土曜午後・日曜・祝日
※新患・急患受付可能 ※ご予約の方優先

All-on-4 and All-on-6

All-on-4 and All-on-6

歯を失ってしまった患者様に、従来の保険診療中心の歯科医院が、どのような治療方法があるのかきちんと説明せずにツギハギ治療をした結果が総入れ歯です。
しかし、これは健康で長生きしたいと考えている患者様にとっては致命的な治療となります。

いま国内で話題に上がっているのが実際の寿命と健康寿命との差です。
現在の平均寿命は男性約82歳、女性約87歳ですが、健康に生活できる寿命はここからマイナス約7~8年程です。

それは顎全体に歯がないと、咀嚼能率が通常の約20%に低下することと繋がります。
噛める物の種類が減ると、摂取可能な栄養が偏ってしまうなどのデメリットが多くなってきてしまい、体が弱り、免疫が低下し病気にかかりやすくなってしまうのです。

多くの論文や文献では、入れ歯を使用する必要がある方と、必要がない方では、自分の足で歩いて一人で生活をできる期間(健康寿命)に大きな差があると示されています。
よく噛めることは、脳の活性化や全身への刺激に繋がり、健康や若々しさに影響し、そうでない人は、寝たきりや認知症になるリスクが高くなり健康寿命が短くなってしまうのです。

歯を失ってしまう原因は主に虫歯と歯周病です。これらは予防できる病気です。
そのため当院では、長期的に歯がなくならないように治療計画を入念に検討し、患者様と相談し、定期検診にも来て頂いています。
それでも不幸にして歯を失ってしまった時には、どうにかして咀嚼能率を回復しなければなりません。

入れ歯による咀嚼の機能回復率は10~20%と言われています。
ですがインプラント治療であれば、ほぼ100%まで機能を回復することができるのです。

□咀嚼効率回復の目安
・総入れ歯   20%
・ブリッジ   70%
・インプラント ほぼ100%
※一定回数の咀嚼をどれだけ効率よくできるか(細かく砕いたか)示す指標

従来のインプラント治療では、片顎で8本くらいのインプラント体を固定する必要がありました。
そのため費用が高くなる、手術が大規模になる、噛み合わせが難しい、治療期間が長引くなどの問題点がありました。

そのような悩みを解決する治療法が『All-on-4 and All-on-6』という治療法です。
4本もしくは6本のインプラントをあごに埋め込み、全てのインプラントを繋ぐことで、費用や治療期間 身体的負担を軽減できるようになりました。

一般的には、この『All-on-4 and All-on-6』は難しい治療法だと言われています。
これはバランスが狂ってしまった噛み合わせを、まず正常に治す必要があることも要因の一つだと考えられます。

当院ではDawsonの咬合理論を元に、科学的根拠に基づいた長期的に安定する噛み合わせをご提供できる知識と技術を習得しているため、『All-on-4 and All-on-6』などの難易度が高い治療を日常的に行っております。
また、当院の『All-on-4 and All-on-6』は院内で全て完結できるシステムになっています。
インプラント治療で製作する歯の部分は特殊な作りになっているため、通常は上物の歯の部分を技工所に発注し、外注費がかかってしまいます。
ですが、当院には道内でも数少ないインプラント専門歯科技工士が勤務しております。

そのためインプラント技工を外注する必要がなく、患者様の状況に合わせた最適なインプラント治療を治療費を低く設定することが可能となっております。

お知らせ

  • 2020.02.14

    さいとう歯科のブログを更新しました!

  • 2019.12.16

    関東地上波 3CH(テレ玉 • チバテレ• FOX)レギュラー放送中「ガールズハッピースタイル」#132にて、当院が紹介されました。ぜひご覧ください!

    TV埼玉(3CH) 2019年12月14日(土)25時~
    チバテレ 2020年1月4日(土)9時30分~

    youtube動画はこちら

     

  • 2019.08.08

    ホームページをオープンしました。