最小限の処置で噛めるようになりました。 : 札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

最小限の処置で噛めるようになりました。

札幌市西区宮の沢にあるインプラント専門医院「さいとう歯科」におまかせ

最小限の処置で噛めるようになりました。

こんばんは!

2019年も終わろうとしています。

当院は今日で仕事納めです。

皆様どのようにお過ごしでしょうか?

今回は一つ症例を出させて頂きます。

こちらの患者さんは他院で右下のインプラント治療を希望されましたが、見ての通り骨が細すぎるためインプラント治療ができないと断られ当院を受診されました。

長年、入れ歯を使用していたため、写真を見ての通り顎の骨が痩せてしまっています。

確かに骨はCTで幅6mm弱しかなく、直径4mm程のインプラントを使用するにはピンポイントで入れなければなりません。

技術的に非常に難しく、インプラント治療に慣れている先生でもインプラントが骨からはみ出してしまうことがほとんどなので、人工の骨を使用する場合も多いと考えられます。

ただし、人工の骨を使用すると、腫れる可能性が高くなり追加の費用もかかってしまいます。

当院では、このような骨がない顎の方にも人工の骨を使わず安全に正確に手術を行うことが可能です。

50代女性

非喫煙者

インプラント2本によるインプラントBr

費用:1056000円

治療期間:約6ヶ月

リスク:歯科小手術のため種々の合併症のリスクあり。

関連する記事