手術の痛みについて : 札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

手術の痛みについて

札幌市西区宮の沢にあるインプラント専門医院「さいとう歯科」におまかせ

手術の痛みについて

こんにちは

 

さいとう歯科の斎藤辰一です。

 

今回は手術の痛みについて投稿致します。

 

インプラント手術は凄く腫れる、痛い 怖い

 

イメージが先行しやすい治療ですね。

 

実はそうではありません。

 

インプラント手術は適切な手技で行えば痛みはほとんど感じることはありません。

 

インプラント手術というのは顎の骨に、埋める予定のインプラントに合わせて規格化された器具で直径3−4mm長径10mm程の穴をあけ、インプラントをそっとおいてくる治療になります。

 

通常の天然歯の抜歯は、穴を開けっぱなしにすることによりまず生体の修復する量が大きくなります。

 

インプラントはあけた穴にそのままインプラントで穴を埋めてしまうので、実は体を治す量自体が少ないのです。

 

抜歯をは元々観戦が起きていることも多いため、炎症を起こしていることも考えると、痛みや腫れも伴うことがありますが、通常のインプラント治療はそういったことがないことが特徴です。

 

術中はもちろん麻酔を行いますが、万が一痛みが少しでもある場合はお気軽に術中でも、あー とか うー とか言って頂ければ、全力で痛みなく快適に手術を受けられるようサポート致しますので、安心してご来院下さい。

関連する記事