入れ歯とインプラントはどちらがいいのか?

札幌市西区宮の沢にあるインプラント専門医院「さいとう歯科」におまかせ

入れ歯とインプラントはどちらがいいのか?

入れ歯とインプラントどちらがいいのか。

 

よく聞かれる質問です。

 

咀嚼能力と言う言葉があります。

 

天然の歯だと100%ですが、入れ歯だとおよそ20〜30%と多くの論文などで示されています。

 

そして入れ歯は力を発揮するために周りの歯に金属のバネをかけます。その金属のバネをかけて天然の歯を揺らしてなんとか20-30%の力を発揮するわけです。

 

もちろん金属のバネをかけられら歯は揺らされますので、寿命は一気に短くなります。

 

まとめると入れ歯で歯を守ることは難しいと言うことです。

 

一方で、インプラントは他の歯に迷惑をかける必要がなく単独で力を発揮してくれます。

 

そのため天然の歯に余計なダメージを与えることなく咀嚼能力も天然の歯と同じ100%の力を発揮してくれます。

 

ここが大きな違いとなります。

 

インプラントは失った歯を他の歯にダメージを与えることなく補填できる唯一の治療法となります。

関連する記事

  • インプラント治療って良くない治療?2019年10月1日 インプラント治療って良くない治療? こんにちは。 札幌市西区さいとう歯科の斎藤辰一です。 たまに聞かれます。 インプラント治療って、あまり […]
  • こんにちは!2019年9月24日 こんにちは! 札幌市西区の宮の沢にある、さいとう歯科の歯科医師斎藤辰一です。 当歯科医院では、一般的な歯科治療からマウスピース矯正、イン […]
  • 機能と審美 チームアプローチ2020年3月22日 機能と審美 チームアプローチ こんばんは   さいとう歯科の斎藤辰一です。   今回は全体的に治療された患者さんの […]