予防法 アーカイブ — 札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

虫歯を放置すると大変なことに⁉︎歯科衛生士が虫歯の正しい予防法をお教えします!-札幌 西区 宮の沢 | さいとう歯科インプラント専門サイト

札幌市西区宮の沢にあるインプラント専門医院「さいとう歯科」におまかせ

虫歯を放置すると大変なことに⁉︎歯科衛生士が虫歯の正しい予防法をお教えします!

みなさんこんにちは。歯科衛生士の只野です。
今回は、お口のトラブルで代表的な『虫歯』についてお話をします。

『虫歯』と聞くと、しみる、痛い、食べられないなどが、連想されますよね。
虫歯になってから歯医者さんへ行くと、歯を削ることになってしまいます💦
歯を治療しても、虫歯になった原因が改善されていないと、
同じ歯が虫歯になり、また削り、どんどんと自分の歯が少なくなってしまいます。
では、そもそも虫歯にならないためにはどうしたら良いのでしょうか。

生活習慣、食生活、セルフケア、プロフェッショナルケアで虫歯の予防法をご紹介します。

 

この記事の目次

 

 

生活習慣 〜虫歯にならないために気をつけたいこと〜

むし歯菌はお砂糖が大好きです。糖分がお口の中に残ったままだと、むし歯菌が糖分を食べて、歯を溶かす『酸』を出してしまいます。そうなると、歯はどんどんと溶かされてしまいます。そうならないために、生活習慣で『酸』から歯を守る必要があります。

 

 1.食後の歯磨き、ちょっと待って!!

本来、お口の中は中性ですが、食事のあとは、酸性になってしまいます。歯の表面のエナメル質が少し溶けかけているため、すぐに歯みがきをすると歯の表面に傷がついてしまいます。

唾液には、酸を中和させてくれる役割もあるため、30分程でエナメル質が回復します。食後30分待って、歯みがきをすると良いと言われていますが、なかなか待ちきれないですよね💦

そこで、お口をゆすいで5分程経ってからの歯磨きが有効です✨お口をゆすぐことで、酸が流されてくれます。また、100%キシリトール配合のものを食後に口にするとさらに効果的です。キシリトールガムは噛むことで唾液が分泌されますし、キシリトールには、虫歯になりかけた歯を修復してくれる役割があるため、食事によって少し溶けかけたエナメル質を元に戻してくれます。

食後すぐに歯みがきをするよりは、少しの工夫をしてから磨くことが大切です。

 

 2.朝の歯みがきは食事の前後でするのが良い

前述のように食後の歯みがきはタイミングをみて必要とご理解いただけたかと思います。では、起床時の歯みがきはするの?ということですが、、、。

起床時の歯みがきは必要です‼︎

寝ている間、唾液の分泌量が減るため、本来、唾液の役割である自浄作用が働かなくなり、菌が大量に増殖してしまっています。そのまま食事をすると、体の中に菌が流れ、持病のある方、免疫力が低下している方は、誤嚥性肺炎を起こす場合があります。

菌を体内に入れないためにも、起床したら、歯みがきをすることをおすすめします。

しかし、朝はみなさんとても忙しいですよね。

歯みがきは無理でも、水やマウスウォッシュでお口をゆすぐことからはじめてみてはいかがでしょうか✨

 

 3.夜の食事は就寝の2間前までに済ませましょう

飲食をすると、お口の中は酸性状態となりますが、歯みがきをしたからといってすぐに中和されるわけではありません。ある程度の時間が必要になります。

飲食後、歯みがきをしてすぐ寝てしまっては、唾液の分泌が減り、酸性状態が続くことになりますので、就寝2時間前には飲食は済ませておきましょう。

 

 

食生活 〜歯に影響を与える栄養素と主な食品〜

みなさんの歯がむし歯菌の『酸』に負けないためにも、『健康で丈夫な歯』になってくれるととても安心ですよね。食事で必要な栄養素を摂り入れ、健康で丈夫な歯をつくりましょう‼︎

 

   1.乳幼児期の食事はとても重要!!

乳幼児期は乳歯の下で永久歯がつくられているため、カルシウムが不足すると、弱い歯となって、はえてきてしまいます。しかし、カルシウムだけ摂取していれば良いというわけではありません。

以下の栄養素は歯をつくるためにもっとも必要とされるものです。

 

・カルシウム・リン(石灰化に必要)ー キャベツ、卵、チーズ、ひじき、小魚
・タンパク質(歯の土台をつくる)ー 肉、サバ、アジ、ヨーグルト、豆腐
・ビタミンA(エナメル質のもと)ー にんじん、かぼちゃ、牛乳、レバー
・ビタミンC(象牙質のもと)ー いちご、ピーマン、さつまいも、パセリ、オレンジ
・ビタミンD(カルシウムの代謝)ー エビ、干し椎茸、カツオ
・フッ素(ハイドロキシアパタイトの安定)ー 緑茶、ワカメ、エビ、いわし

 

これらの食品をバランス良く摂取することがとても大切です✨

 

 2.食べて飲んで歯をきれいに!!

食品の中には、糖分が多く歯にまとわりついて虫歯にさせる停滞性食品と、お口の中をきれいにしてくれる清掃性食品があります。

停滞性食品 − キャラメル、ビスケット、チョコレート、砂糖の入った飲み物など食べる量より、少量でもダラダラとずっと食べ続けると虫歯になってしまいます。   しかし、虫歯になるからといって、お子さんに全くおやつを与えないのは楽しみを減らしてしまいますし、大人より体を動かすお子さんは低血糖で腹痛や嘔吐など様々な症状がでてしまいます。また、ダラダラ食べなければ大量に食べて良いわけではなくいっぺんに糖分を摂り過ぎてもビタミン B1  が不足して脳への栄養が供給されずイライラの原因となってしまいますので注意が必要です。

量と時間を守る間食の摂り方が重要ですね。

清掃性食品 − 梅干し(間接清掃性食品)レタス・ゴボウ・セロリなど(直接清掃性品)

間接清掃性食品である、すっぱい食品の代表『梅干し』は唾液の分泌を促し食べ物のカスが口の中に滞ることを防いでくれます。また、直接清掃性品の『レタス・ゴボウ・セロリ』は食物繊維が多いため噛むごとに歯の表面や粘膜をきれいにし、唾液分泌が促され自浄作用でお口の中をさらにきれいにしてくれます。また、顎の成長にも一役かってくれます。

こうした食材を毎日の食事の中に摂り入れると歯もからだも元気になりますね✨✨

 

 

セルフケア 〜きれいな歯の磨き方〜

『定期的にクリーニングに通っているのに虫歯になってしまった』『間食しないのに虫歯になった』という方も少なくありません。やはり最も重要なのは、歯を磨くことです。

正しいブラッシング方法で、あなたの歯を虫歯にならない歯へと導きましょう✨✨✨

 

 1.歯ブラシの当て方

どんなに生活習慣、食生活を改善し、毎食後に歯みがきをしても、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を残してしまっては虫歯の原因となってしまいます。

1本1本丁寧に磨きあげましょう

前歯の磨き方

奥歯の磨き方

 2.順番を決めて磨く

上も下も一度に磨こうとすると、必ず磨き残しの歯ができてしまいます。
ご自身で順番を決めて1本ずつ丁寧に磨きましょう。

下の図は一つの例です。

歯と歯茎の境目にしみる症状のある方は、咬む面で歯磨き剤を泡立ててから磨くと歯のすり減り防止になります。

 

 3.オーラルケアグッズ

デンタルフロス

タフトブラシ

歯間ブラシ

歯ブラシでは落としきれないすき間のプラークは、補助用具を使って隅々まできれいにしましょう

 

 

プロフェッショナルケア(プロケア) 〜歯医者さんへ行こう!〜

ご自身でお口の中をすみずみまでのぞいて磨くことは難しいですよね。

そこで、歯のプロである私たちの登場となります。

初期の虫歯は、しみる、痛いなどの自覚症状がありません。症状が出た時には、すでに治療で歯を削るなんてことになりかねないため、いかに早く、『磨き残し』『虫歯になりかけの歯』を見つけるかが、とても重要です。

プラークの取り残し、弱っている歯を発見し、患者さまご自身で磨きあげられるように丁寧にご指導させていただき、スケーリング・PMTC・エアフローで、細部まできれいにクリーニングいたします。

 

 1.スケーリング(歯石除去)

歯石はプラークが歯に付着して48時間後に石灰化が始まり、そのまま固まって石になってしまったものです。特に下の前歯の裏側や、上の奥歯の頬側につきやすく、ブラッシングでは落とせないため専用の器具で除去をします。

 

 2.PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医師、歯科衛生士が専用の器械を使用し、歯を磨きあげます。
患者さまに合わせて、ブラシ、ラバーカップを選択しクリーニングいたします。

 

 3.エアフロー〜Guided Biofilm Therapy(GBT)〜

 

バイオフィルム(むし歯菌の叢)、ステイン(茶渋やタバコのヤニなど)、早期の柔らかい歯石をPMTCでは届きにくい細部まで除去できる器械が、エアフローです。


エアフローハンドピース

天然歯や補綴物、インプラントからバイオフィルム、外因性のステイン、早期の歯石を除去します。1回の施術で清掃を おこないます。


エアフローパウダープラスを使用

エリストールベースのパウダーで歯ぐきに触れても問題なく、水溶性の微細な粒子のため、隙間に入り込んでも溶け出してくれます。

PMTCとエアフローでの清掃後の比較


清掃前の残存バイオフィルム

歯の表面は凸凹していて、そのくぼみの残骸の除去を以下の方法でクリーニングした結果
細かい粒子の研磨ペーストによるPMTC後

残骸は若干を残して除去できていますが、歯の表面も研磨され、傷がついています。

当院では、患者さまのクリーニングの選択によって、PMTCを行いますが、極力歯面を傷つけないよう、SPTジェルを用いてクリーニングいたします。


エアフローパウダープラスによる清掃後

PMTCで用いるブラシやラバーカップでの、歯面への傷を防ぐことが可能です。バイオフィルムもエアフローで除去され、表面の凸凹も清潔です。研磨ペーストで「磨く」必要はありません。

画像参照:EMS Dental

 


 

当院では、患者さまの大切な歯を守るため、最先端の器材を取り入れ、虫歯予防につとめております。虫歯予防は、お一人お一人の歯への意識からはじまります。
私たち歯科医師、歯科衛生士、そして、みなさんも、歯を守るチームの一員です。虫歯の原因を理解し、セルフケア、プロケアで大切な歯を守っていきましょう!!

さいとう歯科ではインプラントに関する無料相談を行なっております。
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

さいとう歯科インプラント専門お問い合わせフォーム

お電話でもお問い合わせを受け付けております。
受付時間9:00~13:00/14:00~19:00
※休診日 土曜午後・日曜・祝日

TEL:011-661-1678

 

インプラントに関するよくある質問はこちらのページをご覧ください。

 

 

この記事を書いた人


歯科衛生士 只野
はじめまして。歯科衛生士の只野です。私は、歯科衛生士になって十数年、今では2児の母として子育てにも奮闘しておりますが、出産や育児の経験を活かして、皆さんが笑顔になれる診療を目指しています。
これからも患者様お一人おひとりのご希望に合わせ、快適な治療をご提供できるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

所属学会

日本口腔インプラント学会
北海道形成歯科研究会所属
日本歯周病学会 会員

 

札幌でマウスピース矯正をお考えの方はさいとう歯科マウスピース矯正サイトへ!

24時間受付web予約を行なっております!